ペットボトルのお茶が危険!!その中身をご存知ですか?国産茶葉の嘘

 

その緑茶は体に良いの??

 

お茶にはカテキンなど体に良い成分が多いことから昔からよく飲まれてきました、実際に元気なお年寄りの人も毎日お茶を飲んでいるそうです。でもここで言うお茶って言うのは、お茶っぱから入れたお茶の事です。

 

AAAAAAAAAAAAAAAAAA

 

今回は、ペットボトルのお茶にその成分が含まれているのか??ペットボトルのお茶は健康に良い物なのか??危険性は無いのか??などについてまとめてみたいと思います。

 

本当は体に悪いその食品シリーズ

 

 

私の判断ではペットボトルの茶は、お茶では無い!!ペットボトルのお茶を飲むぐらいなら水を飲んだ方がまし!!です、ではその理由について説明したいと思います。

 

 

fedf0_759_62db9e78_91c90df3

 
『国産の嘘』
ペットボトルのお茶に国産茶葉100%使用と書かれていますが、実はそこには少しからくりがあったんです。ペットボトル茶の原料は中国などの茶葉を摘み取った後、捨てるしかない 茎を使っているのですが、そのゴミになった茎をタダ同然で買い取って、大量の泥やゴミなどの混入物を日本で取り除いて煮出すのです。

この時点でお茶の成分なんて無いのがお分かりだと思います。そして国内茶葉使用とラベルに表示するために国産の茶葉を少し入れます。そうすると国内茶葉使用とラベルに表示できるわけです。
0608茶葉

 

 

 

 

『農薬まみれ』
お茶の原料のほぼすべてが中国産と言う事ですので、農薬使用量世界トップ1の中国ですから山盛り農薬がかかっています(日本も3位ですから同じようなものですが・・・)。そんな茎や茶葉をぐつぐつ煮出すわけですからしっかりと農薬も抽出されてる事でしょうね。

aerialfumigation

 

 

『添加物も入ってる』
お茶に添加物??って思われるかもしれませんがしっかり入っています。普通お茶を入れた物を常温で置いておくと2日後には腐っていますよね、でもペットボトルのお茶はずーっと腐らないのです。これは添加物が入っている証拠です。

原材料のところに『茶葉・ビタミンc』と書かれてるものがありますが、このビタミンcが保存料になります。ビタミンcって書いてあると体に良いんじゃないの?って思いますよね、それも考えてのビタミンcって書いてあるのですが、実際は『酸化防止剤(L-アスコルビン酸)』のことなんです。

 

SUX1DVN6

 

L-アスコルビン酸のような化学物質的に描くと悪いイメージになるのでビタミンcって表記しているんです。実際にこの合成ビタミンC『酸化防止剤(L-アスコルビン酸)』を成人に1日3グラムずつ3カ月間用いても異常は見られなかったのですが、それを6グラムに増やすと、悪心、嘔吐、下痢、顔面紅潮、頭痛、不眠などの症状が現れ、幼児では皮膚湿疹がよく見られたとの結果がでています

さらにいうと国内で使用されている90%以上の『L-アスコルビン酸』は、価格が国産の半値以下の質の悪い中国製となっているそうです。

 

 

本当は体に悪いその食品シリーズ

 

 

色々な食品表示のからくりで国産のお茶だと思っていたのが、原料もそして添加物も中国製となっていたんですね。こんなお茶を飲むぐらいなら水道の水の方がましかもって思っちゃいますね。

 

安いものには必ず理由があります、健康に良いイメージのある商品でも『何故こんなに安いのか?!』それを考える習慣を身につければ、危険な食品を避ける事ができます。
glt-small_1

 

お茶を持ち歩くなら、自分で入れたお茶を水筒に入れて持ち歩くことをお勧めします、今はこんなおしゃれな水筒もありますよ、しかもこの水筒は茶こしが付いているのでそのまま茶葉を入れて使う事ができます、

⇒茶濾し付きのおしゃれな水筒はコチラです

 

 

無農薬の茶葉はネットで買えますよ、しかもそんなに高い物でもないんですよね。ネットで無農薬のお茶を調べていたら面白い物を見つけました、『青いお茶』ですって、しかも無農薬&無着色です、話のネタには面白そうですね(笑)

⇒不思議な青いお茶はコチラです

 

n-butterflypea-2_1a

コメントを残す