たんぽぽの効果を得る方法『タンポポ茶が凄い!デトックスから不妊まで』

前回の記事でタンポポの効果についてまとめましたが
今回はそのタンポポの効果を得る方法について
まとめていきたいと思います

 

『関連記事』⇒タンポポの解毒作用

 

タンポポは食用なので料理としても食べれるのですが
毎日食べるのは中々困難なことです
そこで、お茶やお酒などの飲み物にするとで
手軽に毎日続けられると言うわけです

たんぽぽ酒
比較的簡単に作る事が出来ますしtanpopo01
保存も出来ますからまとめて作っておくと便利です

タンポポの花のだけ使います
町中のタンポポは排気ガスや犬のおっしこなど気になるので
なるべく避けた方が良いと思います

 

≪材料≫
・たんぽぽの花(50g)
・氷砂糖(100g)
・ホワイトリカー(500cc)
≪作り方≫
①たんぽぽは花の部分だけ摘んで、水でよく洗う。
(虫やごみなどが残らないように念入りに洗うこと)

②キッチンペーパーなどで軽くふいた後、新聞紙の上に広げて1日陰干しをする。

③煮沸消毒したビンに、氷砂糖・たんぽぽ・ホワイトリカーの順に入れる。

④きちんとふたを閉め、暗くて涼しいところに置いておきます。

⑤時折砂糖を溶かすために、ビンをふりましょう。

 

飲み方は水割り、お湯割り、ソーダ割りと
お好みで良いのですが、お勧めの飲み方は
毎日の体調管理のために飲むのですから
薄めのお湯割りで少しづつ飲むのがお勧めです。

 

 

たんぽぽ茶tanpopoiceimage

材料はタンポポの根のみですので
自分でとってくればタダです!!
そのかわり少し手間はかかります
≪たんぽぽ茶の作り方≫

1.たんぽぽの根を傷つけないよう掘り起こします。たんぽぽの根は真っ直ぐ下に伸びるので、シャベルが必要です

2.きれいに泥を洗い落とし、2~3㎝程度にカットして天日干しで半月程度乾燥します。

3.乾燥したたんぽぽの根を厚手の鍋などで弱火にかけ、しっかりと煎ります。

4.煎ったたんぽぽの根をミキサーで粗目に砕きます。

5.ティーパックなどの入れて紅茶のように入れて飲みます。

 

≪結構大変です≫
正直なところタンポポ茶を作るのは大変な作業です
タンポポ酒は花を摘むだけなんで、そんなに大変ではないのですが
タンポポ茶は根っこを使いますので
根っこを傷をつけずに採取するのは、なかなか大変な作業です
しかも、採取場所なども考えないといけません
近くの公園や川原などは、除草剤などの薬剤が定期的に散布されていたり
散歩するペットのトイレとなっている場所もあります。
そう考えると、きちんと管理されて作られた
たんぽぽ茶を購入して飲む方が一番安心なのかもしれません

 

たんぽぽコーヒー
基本的な作り方はタンポポ茶と同じなんですが
コーヒーの場合は、煎り時間を長くします
勿論、そのぶん手間はかかります
タンポポコーヒーに関してはプロに任した方が無難です
自作で美味しいのは、まず出来ないと思います。

お手軽にタンポポ茶を楽しみたい人に
成分や安全面などをに気をつけたお勧めの
タンポポ茶をいくつか紹介します

たんぽぽ茶 ショウキT-1プラス

レトルトパウチタイプで袋から出してそのまま飲めますshouki2
無農薬栽培ののタンポポのみを使用し
他の商品よりもタンポポの有効成分が圧倒的に多いのが
この『ショウキT-1プラス』になります
値段はそこそこしますが、口コミなどを見る限り
それなりの効果があるようです

buy_finger_green_kakumaru

 

 

たんぽぽ茶ブレンド

ティーパックタイプなので普通にお茶を入れる感じで飲みますtanpopopottoyou
値段も手頃なので、毎日のお茶をタンポポ茶ブレンドに変えるだけで
健康な体作りに役にたちます
黒豆がブレンドされているので、大豆の持つサポニンやイソフラボンなどの
効果も同時に得る事が出来ます。
タンポポの効果を得るのには、一番気軽に始めれる商品だと思います
しかも30日間の返品保障付き(開封済みでもOK)

HP_finger_green_kakumaru

毎日のデトックスは大事です
食品添加物、タバコ、アルコール、大気汚染、残留農薬、環境ホルモン、放射能、その他の化学物質など、毎日何気なく暮らしていても体に不必要なものは日々入ってきます、その毒素を体外に排泄するための努力は必要な時代のような気がします、お茶と言う日常ににあるもので無理なくデトックスが出来るタンポポ茶はとても役にたつものだと思います、そんなタンポポの力をかりてピカピカの体を手に入れてください
 

sdadad

最後まで読んでいただきありがとうございます
あなたの応援クリックがこのブログの原動力になってます!!

このブログの今日の順位は?

コメントを残す