その歯磨き安全ですか?子供に毒を与えないで下さい!フッ素洗口はかなりヤバいです

 

フッ化物洗口

 

 
今回はフッ化物洗口についてまとめてみたいと思います、フッ素は決して食品ではありませんが、私の周りでも当たり前のように子供にフッ化物洗口をさせていたり、フッ素配合の歯磨きを使用している人が多かったのでこの記事を書こうと思いました、

 

ugai

 

このページではそもそもフッ素とは何か?害はないのか?についてまとめてみたいと思います。

 

 

フッ素の目的は??

 

 

世間一般に言われているフッ素の効果には次のような事が言われています

 

•初期虫歯を治す
•歯を強くする
•虫歯菌の活動を抑える

 

あなたも何となく『歯が強くなるから、虫歯予防になるから』って思いで使っているんじゃないでしょか、でも実際には違います。明海大学歯学部講師である筧光夫氏による顕微ラマン分析装置を使用した観察研究で、世間一般的に言われているフッ素の効果がないことが実証された研究結果があります、研究結果によると結果を大まかにまとめると

•歯のエナメル質や歯質の強化は全くなかった
•歯の再石灰化についても認められなかった。
•歯の結晶構造が壊れた
•細胞内での酵素合成阻害を引き起した。
•耐酸性は、結晶構造の欠陥による見かけ上の現象

 

 

kiken

 

 

しかもWHO『世界保健機関』もフッ素の使用には注意を払うべきと言っていて、6歳児未満は一切使用するべきではないと言っています。そもそもなんですが、フッ素にはあなたが思っているような効果は無いのです。

 

 

フッ素の害

 

 

フッ素は数多くある化学物質のなかでも危険な部類に含まれます、公表はされませんが世界各国でその有害性が指摘されているんです。

 

フッ素には強い抗酸化作用があり、がん化を促進し、脳神経障害を引き起こすとされています、また脳の松果体を石灰化や神経発達に悪影響を起こし子供のIQ低下、妊娠中であれば母体の胎盤を通過し胎児の脳神経系の発達に申告なダメージを与える危険性があります。その他にも、骨硬化症、糖質代謝異常、脂質代謝異常を引き起こすとの報告もあるそうです。

 

img_15801

 

フッ素が安全だと思っている人は何を根拠にしているのでしょうか『歯医者さんが安全だと言っているから』『みんながしているから』そんなのは何の根拠にもなりません、是非この機会にとことん調べてみて下さい。

 

 

フッ素の生い立ち

 

フッ素が何故使われるようになったのかについて詳しく書かれた記事があるので添付します内海聡さんの記事です。

 

 

アルミニウムとフッ素については重要な共通点がある。それがアルミニウム産業だ。もともとこの開発はアメリカが主であったが、アルミニウム製造の副産物として出てくるフッ化ナトリウムの除去は、彼らにとって長年の問題であった。もちろんその毒性や非常に分解されない特性のためである。ここで出てくるアルミニウム産業の代表格がアルコア社であり、フッ化物を大量に生産してきたのがアメリカン・アグリカルチュラル・プロダクト社やフッカーケミカル社であった。

彼らは非常にずる賢く狡猾だったため、自分たちの利益を確保して廃棄物を処理するための良い方法を思いついた。その一つが海洋投棄だが、もっと有効かつ大胆な方法を見つけた。それがあなた方の飲み水や食物や歯磨き粉や薬の中に、それらの廃棄物を混入して、「あなた方グーミンに処理してもらう」という方法だ。そのためにはデータを捏造しなければならない。

アルコア社の主任研者フランシス・フレイリーは、メロン産業研究所の研究員ジェラルド・コックスにフッ素の歯に与える影響を研究して、その有効利用を提案した。そして、コックスは 1939 年に虫歯予防のために、公用の水道水にフッ素を添加することを提唱する。同社はアスベスト産業を守るために「アスベストは安全である」と長年主張し続けている。

アメリカで最初にこのアルミニウムとフッ化物問題で暗躍したのが、元連邦安全保障局長官のオスカー・ユーイングであった。彼はその作業と相まってガン撲滅キャンペーンの全国委員長になったのも興味深い。なぜガンを誘発するようなことをした人間が、このような地位に就くのかということは推して知るべしである。彼の暗躍もあってアメリカではフッ化物の水道水への添加は、なんと米国公衆衛生局(PHS)が行った。多くのアメリカの学者たちがその危険性を指摘したが、ほとんどがかき消されてしまいカネの力に負けてしまった。

また当時、フッ素が安全とされる、もうひとつ重要な理由があった。フッ素支持派の筆頭でもあり、広島に投下した原子爆弾を開発した「マンハッタン・プロジェクト」の科学者であるハロルド・ホッジ博士は、予期される核実験反対や訴訟に備え、あらかじめウランやプルトニウムを人体に注射し、その毒性を測る実験を指揮していた。それと同時に核兵器の製造時に大量に使用し、排出されるフッ素ガスの毒性を一般大衆に察知されないように安全性をアピールしておく必要があったのだ。

 

 

調べて下さい

 

この記事をすべて信じろとは言いませんが、是非納得のいくまで調べて下さい。そのうえで子供にフッ化物洗口したりフッ素配合の歯磨きを使って下さい。

 

caries_2_2

 

そしてフッ素は自然界にも多く存在しています、普通に生活していてもフッ素を摂り入れています、なのに更にフッ素を摂る必要も無いような気がします。

 

_jpg

 

フッ素や界面活性剤などが入っていないオーガニックの歯磨きなどもたくさん売られています、一度調べてみて下さい。
⇒安全なオーガニック歯磨きはこちらから・・・

 

 

ダイヤモンドのような白い歯

コメントを残す