マーガリンVSバターどっちが危険!いつまで食べるつもりですか??

危険な食品シリーズ

 

『バターとマーガリンはどっちが身体に悪いのか??』

 

バターは動物性だしメタボや動脈硬化の危険性に繋がるので、植物性のマーガリンの方が安全だ!!ってことでマーガリンが誕生し販売され続けています。

 

でもこれってどっちが正しいんでしょうね、、

a424a1cc

 

このページではバターとマーガリンのどっちが良くって何が悪いかについてまとめてみたいと思います。

 

動物性油脂と植物性油脂

 

まずマーガリンが身体に良くってバターが身体に悪いって意見ですが、これは動物性油脂は常温で固まるため体内に入ると血液をドロドロにするが、植物性油脂は常温でもサラサラしてるので、体内に入っても血液がサラサラの状態でいれるって話ですが、

 

でもマーガリンって常温で固まってるよね

 

2014-12-02_121328

 

植物性油脂は本来常温では固まりませんが(ココナッツオイルやパーム油などは別)マーガリンは水素添加して常温でも固まるように分子構造をいじくっています。これってどうなんですかね・・・

 

 

 

マーガリンは植物性油脂を化学処理し、常温で固体を保てるようにした食品ですなんですが。この化学処理が「水素添加」と呼ばれる方法で、不飽和脂肪酸の水素が足りない場所に強引に水素を結びつける方法です。

 

こうして出来たものが「トランス脂肪酸」です。「トランス脂肪酸」は、安定した構造を持っているので、常温でも固体になり、酸化しにくく、保存性が高いのです。

 

0fd952fb34ef5472133a423ed1fabfd3_6578

 

加工食品には使いやすいというわけなのですが、この構造がプラスチックそっくりな食品というわけです。もともと、トランス脂肪酸は、動物性油脂には、わずかに含まれ、植物性油脂には含まれていません。そんなトランス脂肪酸が食品に含まれ、大量に摂取されると、どうなるのでしょうか?

 

⇒関連記事『最悪の油トランス脂肪酸の恐怖』

 

バターは太る??

 

バターは脂肪分が多いから体にに悪く太る原因になるって言われてきましたが、最近ではダイエットに使われたりとバターのあり方が見直されてきています。モチロンですが良い環境で育てられた品質の良い牛乳から出来たバターである事が大事です。

 

8234549

 

バターには不飽和脂肪酸という良質の脂肪分が多く含まれているため、エネルギーとして効率よく消費され、体脂肪を増加させないと同時に、血糖値が上昇しにくいというメリットがあったり、エネルギー効率がとっても良いので腹持ちが良くダイエットに利用されるのです。

 

とは言っても動物性油脂は嫌だ!バターは苦手!って人にはココナッツオイルを進めています、ココナッツオイルは植物性の中でも飽和脂肪酸になり、常温でも固形になります、なのでバターのようにパンに塗る事が出来ます。そこに塩を振れば十分バターとして使えます。

 

ココナッツオイルは低温圧搾の物を選べばマーガリンに含まれるトランス脂肪酸がゼロなので安心です。

 

⇒トランス脂肪酸ゼロのココナッツオイル

 

マーガリンについては『食べるプラスティックで食品と呼べるものではない!!』とか『日本のマーガリンンは安全だ!!』って言う人がいたりと色々です。

 

私はマーガリンは危険と思っている人間ですので口にしません!!安全と思ってる人は食べればいいし、私のように危険だと思ってる人は食べなきゃいいそれだけです。

 

あなたがマーガリンを選ぶ理由はなんですか、安いから??便利だから??安さや便利さのを求めると安全な物は手に入らないと私は思っています。

 

どうしてもマーガリンが良い!!って人は低トランス脂肪酸のマーガリンってのもあるのでそちらを使われてはいかがですか

⇒低トランス脂肪酸のマーガリンはコチらです

 

imgrc0065687663

 

 

 

コメントを残す