知らずに食べてるその卵は危険かも?!薬漬け&遺伝子組み換え飼料

危険な食品シリーズ

 

世の中には色々な危険な食品が出回っていますが、その中でも身近な食品の卵の危険性についてまとめてみたいと思います。卵の何が危険なの!?と思われるかと思いますがコレがまた沢山あるんです。

140218eggs

卵には色々と間違った情報が出回っているようですね、写真のように卵には白と茶色の卵がありますが、茶色の方が栄養があったり高級だと思ってる人がいると思います、だけど卵の殻の色と栄養は関係ないのです。

実際は「卵の色=鶏の羽の色」なんです。品種によって若干の違いはあるのですが、白い鶏は「白い卵」を産み、赤茶の羽の鶏は「赤茶の卵」を産む。

 

 

img4e37aea0zik1zj

次に黄身の色ですが、これもエサにパプリカ色素をエサに混ぜているだけで栄養が高いわけでは無かったのです、逆にエサに添加物が入っていてあまりよくないのです。

良い卵の黄身の色はレモン色をしているのが本物です。下の写真で言うと左が自然な環境で育った鶏の卵です、右はちょっと高めなスーパーの卵です。

世の中の健康卵は濃い黄色の物が多いですが、あの色は実は偽物の色だったんです。

img_6661

あと指でつまめる黄身も添加物をエサに混ぜると簡単にできちゃうんです、こんなふうに鶏の食べるエサに色々添加するだけで消費者のが、美味しそう!!栄養がありそう!!って思える卵が簡単に作れちゃうんです。

 

 

最初に言っておきたいのですが、卵は栄養価が高く素晴らしい食材であるのは間違いないって事です。問題なのは、どんな鶏が、どんなエサを食べて、どんな環境で産んでいるかが問題なんです

 

 

どんな所で産まれるの??

 

鶏の飼育方法は、大きく分けると2つあります、ケージの中で飼われる「ケージ飼い」と、ニワトリが自由に歩き回れる「平飼い」です。スーパーに並んでいる安価な卵は、そのほとんどがケージ飼いのニワトリの卵になっています。

 

pixta_13560961_s

 

鶏達は薄暗いケージのなかで、身動きが出来ない状態で卵だけを産む。そのためだけに生かされています。通常鶏は10年程生きるのですが、ここの鶏たちはストレスのため長くは生きられず、2年から3年程しかいきれないそうです。

 

『薬漬けの鶏たち』

こんな環境で育ててるので鶏は病気に罹りやすくなります、それをふせぐためにワクチン、抗生剤、殺菌剤などが使用されています。通常は採卵中の抗生物質の使用は禁止となっていますが、それ以外は使用されている事があります。

 

鶏達は狭いゲージの中で薬漬けにされ、太陽にあたる事も無く、卵を産むだけのマシーンのような扱いをされています、こんな「不健康なニワトリ」から産まれる卵が身体に良いとはとうてい思えません・・・

 

spe1_ph_18

 

自然な環境の中で育った健康な鶏が健康な卵を産む。単純な話なんです。

どんなエサを食べているの??

 

鶏のエサになるトウモロコシなどは、その殆どが海外からの輸入に頼っています。知ってる人も多いかと思いますが海外から入ってくるトウモロコシは遺伝子組み換えで作られたものです。遺伝子組み換え作物の危険性についてはまた詳しく書くとして、かなりやばい代物です

 

cfp433264748

 

そして輸入穀物は収穫してからも虫がつかないように、さらに農薬をふりかけます(ポストハーベスト)さらに沢山の卵を産ませるためエサの中に人工的にビタミン、カルシウム等の添加物が配合されています。

 

002_postharvest

 

遺伝子組み換え作物、ポストハーベスト、添加物、などは有名な発癌性物質ですね、発癌性物質をあたえ続けられ薬漬けの鶏が産んだ卵を食べたいですか??

 

なぜこのような飼育方法なのか??それは経費が安くつくからです。スパーに売っている安価な卵は、このような実態のうえに成り立っています。

 

 

安全な卵って何??

 

 

『平飼いさせている』
土の上で運動ができる環境で育った鶏を選びましょう、コレが一番のポイントでわかりやすポイントでもあります、

 

『ワクチンや抗生剤を使わない』
平飼いの健康な鶏には薬はあまり使用されませんが、それでも使っている人もいるので注意です、抗生剤は使用してませんと明記してあるものもあるので、それを選ぶようにしましょう。

 

『輸入飼料を使わない』
これが一番ハードルが高いかもしれません、自然飼育をされてる所でも海外から輸入飼料に頼っている所がほとんどです。でも調べれば国産飼料で飼育されてる人もいます。

 

『賞味期限に気をつける』
卵に貼られてる賞味期限は、パック詰めされた日を基準にします。だから実際に生まれた日はもっと前で、同じ賞味期限でも産卵日は違った卵が入っているわけになります。産卵日が記載された卵はとっても良心的と言うわけです。

 

img_6521

 

なかなか全部の条件を満たす卵を見つけるのは大変だと思います、まず普通のスーパーには売って無いでしょう。僕も知り合いの農場から購入しています、そこの鶏は何を食べているか、どんな環境で育っているかも全部わかっています。

残念ながらその農場の卵はネットで販売されていないので、私が調べて良い農場だな~~って思ったものをリンクしておきますのでチェックしてみてください。

⇒安全な自然卵の販売店はコチラです

 

img_6513

 

知り合いの農場のヤギのまいちゃんです♡

 

 

コメントを残す