ラード『動物性油脂』よりも危険な油はトランス脂肪酸!マーガリンをやめよう

危険な食品シリーズ

 

今回は最も危険な油『トランス脂肪酸』についてまとめてみたいと思います。なじみのない言葉かもしれませんが、それも問題なんです。

 

kiken

 

WHOではその危険性が常に唱えれれ、アメリカでは2018年6月に全面的に使用及び販売が禁止されたほど危険な油なんです、にもかかわらず日本では未だに普通に使っています、そしてその事実を知らない人が多いのも更に問題なんです。

 

日本のスーパーや外食産業にはトランス脂肪酸が蔓延しています、あなたも知らず知らずのうちに食べています、もしトランス脂肪酸ついてまだあまり知らないのなら、あなたのそして家族の健康を守るために是非読み進めて下さい

 

このページではトランス脂肪酸によって起こる健康被害、そしてトランス脂肪酸が多く含まれる食品、避け方などについてまとめてみたいと思います。

 

 

0fd952fb34ef5472133a423ed1fabfd3_6578

 

トランス脂肪酸には、天然の食品中に含まれているものと、油脂を加工・精製する工程でできるものがあります。

 

『天然の物』
天然の不飽和脂肪酸はふつうシス型で存在します。しかし、牛や羊などの反芻(はんすう)動物では、胃の中の微生物の働きによって、トランス脂肪酸が作られます。そのため、牛肉や羊肉、牛乳や乳製品の中に天然に微量のトランス脂肪酸が含まれています。

 

『加工の段階で出来るもの』
常温で液体の植物油や魚油から半固体又は固体の油脂を製造する加工技術の一つである「水素添加」によってトランス脂肪酸が生成する場合があります。水素添加によって製造されるマーガリン、ファットスプレッド、ショートニングや、それらを原材料に使ったパン、ケーキ、ドーナツなどの洋菓子、揚げ物などにトランス脂肪酸が含まれています。

また、植物から油を絞る際には、精製する工程で好ましくない臭いを取り除くために高温で処理を行います。この際に、植物に含まれているシス型の不飽和脂肪酸からトランス脂肪酸ができるため、サラダ油などの精製した植物油にも微量のトランス脂肪酸が含まれています。

 

天然のトランス脂肪酸に関しては、あまり気にする必要はないと思いますが、加工時にできるトランス脂肪酸は、一つ一つに含まれる量も多く、品数も多く知らず知らずのうちに摂取してしまう場合が多いので気をつける必要があります。

 

トランス脂肪酸の害

 

『毒って言ってもトランス脂肪酸を食べても死なないよね??』

確かにそのとうりです。毒と言っても急性症状を起こすものと慢性症状を起こすものがあります、トランス脂肪酸は少量では毒性は無いのですが、毎日のようにとり続ける事により慢性的な疾患につながります。

 

そしてトランス脂肪酸は脂溶性のため、体内の脂肪にどんどん蓄積されて体内に溜まっていきます、さらに体外に排泄されにくい性質も持っているんです。そしてある一定量に達した時に一気に症状がでてくる傾向にあるようです、だから気づいた時にはすでに体内にたくさんのトランス脂肪酸が蓄積されているってことになります。

 

 

 

それではトランス脂肪酸を摂り続けると、どんな症状が引き起こされるか紹介したいとおもいます。

 

  • 狭心症
  • 心筋梗塞(こうそく)
  • 動脈硬化
  • 心臓疾患
  • ガン
  • 免疫機能低下
  • 認知症
  • 不妊
  • アレルギー
  • アトピーなどへの悪影響

 

 

 

『アレルギー』
免疫機能を狂わせるので、アレルギー物質に対して過敏に反応してしまう恐れがあります。アトピーや鼻炎などになってしまう原因の一つと考えられます。花粉症、喘息、アトピーなど何かのアレルギーを持っていないって人は今の時代ほとんどいませんが、そこにもこのトランス脂肪酸の存在が関係しているかもしれません。

 

『心臓病の誘発』
トランス脂肪酸による弊害の中でもよく知られているのが体内コレステロールのバランスを崩して心臓病を誘発することです。アメリカの米国心臓病学会は1999年に「心臓病の予防のためには、トランス脂肪酸の多いマーガリンなどを使わずに、それが少ないものを使うこと」というガイドラインを定めています

 

『糖尿病を引き起こす』
糖尿病の原因には、もちろん白砂糖の摂取が大きな原因となりますが、トランス脂肪酸も原因の一つにかかわっていると思われます。その理由はトランス脂肪酸が細胞膜の構造を不安定にするため、いくら体がインスリンを分泌しても、それをキャッチする細胞膜の受信機能が鈍くなってしまうことがあげられますガンの原因となる活性酸素の大量発生トランス脂肪酸により、体の細胞膜の構造や働きが不完全になると、免疫力が低下します。さらにトランス脂肪酸は大量の活性酸素をつくり出してしまうといわれています。活性酸素は、あらゆる物質のなかでも、もっとも深くガンの発生にかかわっていると考えられていま

 

『脳に大きなダメージを与える』
トランス脂肪酸は私たちの脳にも非常に有害であることが明らかになっています。脳と油は密接につながっています。なぜなら、脳の60%は脂質で構成されているからです。脳の情報伝達にかかわる神経細胞には「オメガ3」と呼ばれる不飽和脂肪酸が欠かせません。脳の神経細胞はオメガ3が20%以上含まれて、はじめて情報が正しく伝達されるといわれているからです。実際にアルツハイマー、認知症、ADHD(注意欠陥多動性障害)の人は、脳の神経細胞中にオメガ3が非常に少ないことが分かっています。

 

 

これだけに限らず色々な現代病の原因の一つだと考えられます。トランス脂肪酸は『何グラム以下なら良い』ってものでは無く、全く摂らない、つまり0グラムがbestなわけです。そのためにはどんな食品に入っているかを知る必要があります。

 

 

マーガリンの危険性

 

 
トランス脂肪酸が圧倒的に多いのがマーガリンです

 

img_761989_15757012_1

マーガリンは別名『食べれるプラスティック』と呼ばれるほど不自然な食べ物?です、直ちにやめるべき物の中にはいります。

 

 

riskfood

 

次に加工食品です。トランス脂肪酸はマーガリン以外にも名前を変えてさまざまな食品に使われているので注意が必要です。買い物をするときに、食品のパッケージに記載されているラベルを確かめることをお勧めします。

img_1

 

『菓子パン、クラッカー、ケーキ、チョコレート、スナック菓子、アイスクリーム、フライ、レトルトカレー』など多くの加工食品の原材料名に「ショートニング」「加工油脂」あるいは「ファットスプレッド」といった表記のものは、すべてマーガリンの仲間で、トランス脂肪酸が大量に含まれている可能性があります。

 

080630_news126_clip_image002_0004

 

『外食の揚げ物』
トランス脂肪酸は、植物から油を絞る際に精製する工程で好ましくない臭いを取り除くために高温で処理を行います。この時に植物に含まれているシス型の不飽和脂肪酸からトランス脂肪酸ができるため、サラダ油などの精製した植物油にもトランス脂肪酸が含まれています。

外食産業ではこのような油を何度も繰り返し利用します、油は高温で使われるのでその時にもトランス脂肪酸が発生します。因みにスーパーに売ってる油も同じ油です。

 

 

トランス脂肪酸を避ける方法

 

 
『マーガリンをやめる』
まず一番にする事はマーガリンをやめる事です!!植物性のマーガリンが身体に良いなんて情報はまやかしです、TVなどのコマーシャルに騙されているだけです、良質のバターに直ぐ変えましょう。どうしても動物性油脂が嫌な人はココナッツオイルと塩がお勧めです。ぼくも以前していましたがココナッツオイルは低温になると固まるのでパンにも塗りやすく、しかも美味しいので試してみて下さい。

⇒トランス脂肪酸0のココナッツオイルはコチらです

 

o0640048012866833987

 

『お菓子を避ける』
ポテチ、かっぱえびせん、ポップコーンなどのスナック菓子を避ける。コンビニに売っているクッキーやケーキなどもトランス脂肪酸たっぷりのショートニングが入っているので注意!!ショートニングはサクサク感を出すために使われるので、そのようなお菓子を買う時は原材料をチェックしましょう!!
2015062410472215e

 

 

『ファーストフードをやめる』
ハンバーガー、フライドポテト、フライドチキン、ピザ、ドーナツなどにも大量の油が使われる。そして、これらの調理に使う油には、しっとり感かサクサク感を出すためにショートニング(パーム油)が使われています。

 

『外食時の注意点』
外食時は揚げ物をなるべく控えるか、信頼のおけるお店に行くのが良いとおもいます。

 

『油を変える』
家出使っている油を変える、はっきり言ってスーパーの油は危険です!!私もスーパーでは油は買いません、自然食品のお店かネットなどで検索してきちんとした油を買うようにしています。低温圧搾油はトランス脂肪酸ゼロなのでそちらを使う事をお勧めします。

⇒トランス脂肪酸を含まない油はコチらです

 

 

以上がトランス脂肪酸を避ける方法です、全ては無理でも少しづつ変えて行きましょう、食品を購入する時は原材料をチェックする癖をつけるのも危険な油を避けるのにとっても大事なポイントになります。

 

 

 

 

コメントを残す