輸入フルーツ危険!果物の食べ方と残留農薬をおとす方法!

危険な食品シリーズ

 

ビタミンやミネラルが豊富なフルーツを健康のために毎朝食べている人もいるかと思いますが、そのフルーツは大丈夫ですか??そして食べるタイミングは違っていませんか??

 

flutu-min

 

今回はそんなフルーツの危険性と食べるタイミングなどについてまとめてみたいと思います。

 

目次
●輸入フルーツは危険!!
●国産フルーツは安全!?
●いつ食べる??

 

 

危険な輸入フルーツ

 

バナナ、グレープフルーツ、レモン、オレンジ、アメリカンチェリーなど海外からたくさんフルーツが輸入されスパーに並んでいますが、そのフルーツがどんなふうに輸入されているかご存知ですか??

 

『ポストハーベスト』
輸入フルーツなどはポストハーベスト農薬を散布します。ポストハーベストとは『収穫の後』って意味で、収穫後の農作物に使用する農薬の事をさします。これは輸送中にカビや虫にやられないためにするためですが、ポストハーベスト農薬の残留度は畑で撒かれる農薬の数百倍とも言われています。

theme2

 

そして中にはベトナム戦争時の枯葉剤で使われたものと同じ成分の農薬が使われていたりするトンデモナイ代物なのです。日本国内では収穫後の農薬が禁止されているので使っていないのですが。外国産のフルーツや穀物などでは使用OKとなっています

 

りんごやレモンなどは農薬のシャワーを浴び、バナナは農薬の流れるプールにつけられています。現地で働く女性の健康被害が多く問題になっています。

 

 

 

 

『防カビ剤の恐怖』
オレンジ、レモン、グレープフルーツなどの柑橘系のフルーツには防カビ剤が使用されています。これは腐るのを防ぐための農薬なんですがこの防カビ剤が大変危険なのです。

防カビ剤の種類は『OPP(オルトフェニルフェノール)』『OPP-Na(オルトフェニルフェノールーナトリウム)』『TBZ(チアベンダゾール)』『イマザリル』『ジフェニル』などがありますが、最近ではスーパーなどでも表示してあったりするので目にした事があるかもしれませんね。

 

p4

 

 

『OPP』や『OPP-Na』は動物実験で発がん性があることがわかっています。また『TBZ』は催奇形性(お腹の子どもに先天性障害をもたらす毒性のあることがわかっています。『イマザリル』も動物実験で神経行動毒性があることや肝臓にも悪影響があると言われています。

 

「防カビ剤は皮についているのだから皮を取れば大丈夫なのでは」と思うかもしれませんが、時間の経過とともに皮だけではなく果肉までも浸透してしまいます。

 

ポストハーベスト農薬は、フルーツだけに限らずトウモロコシや大豆などの穀物、小麦などにも使われています。小麦に関しては粉にしてからもふりかけますのでその粉を食べていると考えると怖いですね

これらを避けるためには買わないのが一番です、外食時はあきらめるとしても、スーパーなどで買う時は産地をチェックして買うようにしましょう。

 

 

国産フルーツは安全?!

 

さて続いては国産フルーツです、こちらはポストハーベストの心配は無いのでその点では心配無しです。ただ忘れないで欲しいのは日本は農薬大国である事です。作付面積当たりの農薬使用量は世界でトップ3に入ります1位は中国ですがかそれに負けないぐらいの量です。

 

Ca4z4jFUcAAJx2Yg

 

その中でも果物は甘味が多いので害虫被害にあいやすいので、野菜よりも多くの農薬が使われる事実があります、日本の農薬は安全だとか基準値を守っていれば大丈夫だとかの意見もありますが、大人と子供ではその基準も違うでしょうし、毎日とり続ける事で体内に農薬が蓄積されることも問題です。

 

FotorCreatedss-630x400

 

国が安全と言っているから果たして安全なのか、放射能基準の時もそうでしたが、国の基準は都合のいいように変わるのが常です。家族の安全を守るためにも無農薬が良いに違いありません。

 

 

残留農薬の多い果物トップ10

1、イチゴ
2、りんご
3、ネクタリン
4、もも
5、ブドウ
6、サクランボ
7、ブルーベリー
8、すもも
9、梨
10、ラズベリー

 

国産と言えど、出来るだけ無農薬の物を選ぶようにしましょう、もしくは流水でしっかり洗ったり、皮を剥いて食べるようにしたりと残留農薬を少しでも減らす工夫をしましょう。

 

 

 

フルーツの食べ方

 

果物はビタミン、ミネラルが豊富で酵素もたっぷりなので、ぜひ農薬の問題をクリアーして食べる事をお勧めします。そこで食べるタイミングなんですが

 

よくデザート(食後)に果物を食べる人がいますが、実はそれが一番アウトなんです!!

 

thUCKEKB79

 

 

食後のデザートとして果物を食べると、すでに食事でとった肉や魚、ご飯などがまだ胃に残っていて消化されていない状態のところに果物が入っていくことになります。するとどうなるかと言うと。

 

本来、すぐに消化されるはずの果物が肉や魚に邪魔をされて消化されず胃に長時間とどまることになります。場合によっては腐敗が進みきちんと消化されないまま腸にいくこともあります。また、この腐敗の過程で毒素が発生する事もあり、腸内環境の悪化や肌荒れの原因にもなってしまいます。

 

だからフルーツは食前もしくは単体で食べるのがbestなんです。果物はとっても消化しやすく、空腹時であれば30~40分程度で消化され体のエネルギーに代わってくれます。朝ご飯変わりにフルーツなどは最高に良いってことになります。

 

 

 

フルーツの危険性のまとめ

 

まず輸入フルーツは買わない事です、そして国産のフルーツに関しては残留農薬を減らす工夫をすることです。方法はいくつかありますが、一番いいのはオーガニックや省農薬の果物を仕入れる事です。最近では楽天なんかでも無農薬の果物が売っていたり、農家さんから直接買う事もできます。

⇒楽天で無農薬の野菜や果物のを買うならこちら。

 

そして残留農薬を落とす洗剤として有名なのが、私も使っているホタテの貝殻をパウダー状にしたものです。洗剤と言ってもホタテのから100%なので無害 です。使ってみるとわかりますがビックリするほど農薬が出てきます( ゚Д゚)

こちらはとってもリーズナブルな値段ですのでお勧めです。農薬を落とす以外にも洗濯や、また板の消毒、肉や魚の殺菌などにも使えてとっても重宝します

⇒ホタテの農薬おとし洗剤はコチらです。

 

コメントを残す