お金のかからない健康&ダイエットはコレ!噛む!咀嚼です!

噛む!!かむ!!
世の中には色々な食事法や
身体に良いと言われる食材があります
どれが本当に良い食材で食べ方なのか?
答えは、その人に合う食事法や食材が良いものです

でもこの食事法は
全ての人に良い効果をもたらします

 

万病のもと!!

咀嚼の大切さ
噛むことは食べものを消化するシステムの
第一関門です、ここが疎かになると
その後の胃や腸での消化にかかる負担が増えてきます
よく噛まないと
胃袋に食べ物が入ってくるスピードが速くなりますth
胃では胃酸を出して食べ物を液状にするのですが
胃に入るスピードが早いとその作業が間に合わず
未消化のまま腸えとおくられます
すると腸でも消化が間に合わず
便秘などの原因などになります
毎日の排便は健康&美容を維持するうえでの
基本になりますので、肌荒れや
体調不良の原因に繋がります。

噛めば噛むほどに

若返り効果
噛む動きに刺激されて唾液の分泌が進みます
唾液の成分の中には成長ホルモンのパクチンが含まれます
パクチンの働きにより
歯の再石灰(歯の修復作業)をたけますので
虫歯菌が歯を脱灰するのを防いでくれます
パクチンは皮膚の新陳代謝を活発にする働きがあり
シミやシワなど肌の老化防止にも役立っています

痩せちゃいます

良く言われるのが噛む事によってth
満腹感が得られるので
食事の量が減ると言われています
どれくらい噛む?
30回?40回?実はこの回数は
あてになりません
その人の噛み合わせによっても
しっかりと咀嚼が出来ているかが変わります
だから回数を基準にせずに口のなかで
粥状になるまで噛むのがベストです!!

口臭予防

唾液には強い殺菌作用がありますm_ha
口の中には、たくさんの細菌が住んでいて
唾液の分泌がしっかりしていると
その細菌たちの繁殖を抑えて口腔内を
良い状態に保ってくれています
しかし!!
噛む事を怠ると、唾液の分泌が減り
口腔内に細菌が増え口臭や歯肉炎の
原因にもなります。
しっかり噛んで口臭無し虫歯無し!!

噛むためのコツ

しっかり噛もうと思っても
ついつい癖で早くのみ込んでしまったりします。


箸をいちいち置く
口に食べ物を運んだら箸を置きましょう
箸を持っていると口の中に食べ物がある状態でも
口の中に食べ物を運んでしまいがちです
そうなると自然と噛む回数も減りますkamikami01


一種類づつ食べる
硬い物と柔らかい物を同時に口の中に入れると
柔らかい物が喉に流れてしまい
噛む回数を減らす原因になります
納豆とかねばねば系も危険です。


水分をとらない
基本です!
唾液の分泌がしっかりしてれば
食事中に水分補給は無くて大丈夫です
水分にたよると唾液の分泌も減り
噛む回数も減り良い事無しです

今回のまとめ
噛むと言う行為だけで、誰でも健康になれ老化を予防できる食事法です、しかし、そこを疎かにすると体に不調をきたす原因になってる事があります
ただ噛むという行為だけですが、とても大切な行為です。

『関連記事』

z

zz

zzz

zzzz

 

sdadad

最後まで読んでいただきありがとうございます
あなたの応援クリックがこのブログの原動力になってます!!

このブログの今日の順位は?

コメントを残す