水を飲むタイミングを間違うと太る原因に!上手に飲んで若返ろう!!

太る食品・・・水
これは水を飲むと太ると言ってるわけではなく
このタイミングで水を飲むと太る原因になると言う意味です

3155a8da3b3931ed6b6320a37cd7eb74

水の凄さ!!の記事でも書いたように
水はとっても大切で凄い役目を果たしてくれます
だから一日にたくさん飲みましょうとも言ってます

ただこの時は飲まない方がいいタイミングがあります

それがご飯中とその前後1時間ほどでのタイミングです

噛まなくなる

食事中に口の中にご飯が入ってる状態で水を飲むと
どうしても噛まなくなります
噛まないと満腹感を得るのが遅くなったり
早食いの原因になります
満腹感を得られないとどうしても沢山食べてしまい
過食傾向になってしまいます
早食いと過食は太る原因の典型的な食事パターンです

消化酵素

噛む時のアゴの動きに刺激されて消化酵素が分泌されます
この消化酵素の中にパロチンとう成分があります
このパロチンは成長ホルモンの一種で
歯、内蔵、髪、筋肉、皮膚の成長にもかかわっていますし
皮膚の修復や老化防止にも役立っています。
噛めば噛むほどに若返りお肌もツルツルになるわけですね。
そしてこのパロチンは唾液にしか含くまれていないホルモンなので
よく噛んで唾液を分泌させるのがいかに大切かがわかると思います。

食事中に水分を取ると、どうしても噛む回数が減り
このパロチンの恩恵を受ける事が少なくなります。

胃腸の負担

食事中やその前後に水分を沢山とると胃酸が薄まりますので
胃に負担がかかり
そのような事が続くこどで胃の機能が低下します
その結果、消化のためにたくさんの酵素が使われる事になり
体内酵素が減ると痩せにくい体質になってしまいます

 

 

今回のまとめ
食事中に水分を取ると
噛まなくなり過食傾向になってしまう、そして唾液から分泌される若返りホルモンの恩恵も受けられなくらる、更に体内酵素を多量に使う事になり痩せにくい体質になってしまうと言うわけです。

 

 

sdadad

最後まで読んでいただきありがとうございます
あなたの応援クリックがこのブログの原動力になってます!!

このブログの今日の順位は?

コメントを残す