美容と健康のために悪い水は飲んではダメです!!病気のもとです・・・

水道水の良い所と悪い所に続きまして

ペットボトルのお水の問題点です

petbottle-1
良い所
持ち運びに便利、
保存が出来ていざと言う時に備えれる
喉が渇いたら自動販売機やコンビニでいつでも買える。

リサイクルできて、工作やロケットなんかも作れて楽しい

悪い所
ペットボトルの水に悪い所ってあるの?
これがたっぷあるんです

 

まずミネラルウォーターの分類です

 

≪ナチュラルミネラルウォーター≫

特定のミネラルを含む源水を原料に
沈殿、ろ過、加熱殺菌された水

 

≪ナチュラルウォーター≫

特定ミネラルは含まないが、
特定の水源から採取された水を原料に
沈殿、ろ過、加熱殺菌された水
化学的な処理を行ってないもの

 

≪ミネラルウォーター≫

ミネラルが添加され紫外線やオゾンによる
殺菌や除菌処理がされているもの

 

≪ボトルウォーター≫

なんでもOKです‼
水道水でもペットボトルに入れれば
ボトルウォーターです

 

 

お気づきかもしれませんが
ナチュラルミネラルウォーターも加熱殺菌されています
日本の法律で定められているので
しかた無いのですが
加熱殺菌したらミネラル成分はどうなるんでしょうね?

 

ペットボトルの一番の問題点はその容器にあると思います

環境ホルモンて聞いた事ありますか
ペットボトルやサランラップやタッパなどの
プラスティック製品から化学薬品が溶けだし
体に悪影響をあたえてしまうと言われています

環境ホルモンは内分泌攪乱ホルモンって言われていて
要は、体のホルモンバランスを無茶苦茶にしてしまうのです

ペットボトルもプラスティック製品ですし
常に水と触れている状態なので、溶け出していても
なんら不思議はありません。

しかも、いつボトルに水が詰められて
どんな状態で輸送や保管がされていたのかも定かではありません
温度があがればそれだけ化学物質が溶け出す量も増えます
冷蔵庫で保管や、輸送時に保冷車なんてこともありえないでしょうし
もしかしたら炎天下に曝されてることもあるかもしれません。

これ等を考えるとペットボトルのお水は常飲するお水では無く
緊急時の備蓄用か、のどが渇いてどうしようも無い時用と
考えた方が良いかもしれませんね

絶対しないで下さいね
ペットボトルを水筒代わりににし、何回も使用するのは大変危険です、更に車中などに置いたままにして高温になった水も飲まないで下さい。ペットボトルの成分が溶け出す原因になります

『関連記事』

xxxxx

x

xxx

xxxx

 

 

 

sdadad

最後まで読んでいただきありがとうございます
あなたの応援クリックがこのブログの原動力になってます!!

このブログの今日の順位は?

コメントを残す