亜麻仁油が凄い!≪その効果と注意点について≫毎日の体調管理&美容にとりたい油

最近では亜麻仁油などに含まれるオメガ3脂肪酸が
酸康によい成分として注目が高まっていますが、
具体的にはどのような効能やメリットがあるか
知らない人が多いのではないかと思います。

そこで今回は亜麻仁油の凄さについて
まとめてみようと思います

 

 

<亜麻仁油の主な効果>

・脳の老化を抑える15132239
・動脈硬化を予防する
・コレステロールを下げる
・中性脂肪を下げる
・抗うつ作用がある
・ストレスを軽減する
・ダイエットの促進
・アレルギー(花粉症・アトピー)の症状を緩和する
・肌を綺麗にする
・血管の弾力性を高める
・赤血球の柔軟性を向上させる
・生活習慣病を予防する
(心臓病、がん、脳溢血・脳卒中、糖尿病、高血圧、肥満)

亜麻仁油に多く含まれるオメガ3脂肪酸の働きで
これ等の効果が得られると言われています
では、どのように良いのかを詳しく説明して行きます

血液をサラサラにする≫

まずなぜ血液がドロドロになってしまうのか?
血液をドロドロにしてしまうものの正体は中性脂肪です。
糖分や油ものなどの過剰摂取により、
肝臓で処理しきれなかったものが
血中に増えてしまいドロドロになってしまうのです。
そしてドロドロとなってしまった血液は
高血圧や血栓、さらには心筋梗塞や脳卒中などの病気の原因になってしまうのです。

そこでオメガ3脂肪酸の登場です
こんな話あります、北の大地に住むエスキモーやイヌイットの人たちは3ac9add6
野菜や果実をほとんど食べないのに、なぜか動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などの病気が少ないそうです。
彼らの主食は魚やアザラシです、それに含まれているDHAやEPAの作用によるものだと考えられています。
そのDHAやEPAをオメガ3脂肪酸は含んでいるのです。
DHA・EPAの作用とは、血を固まりにくくし、
悪玉コレステロールを減らして血をサラサラにして、
中性脂肪を減らすというものなどです。

DHAが細胞膜に取り込まれると、細胞壁の流動性が高くなります。
それにより、脳細胞がしなやかになったり
血管細胞がしなやかになって赤血球が柔らかになる効果があり。
結果として、血液がサラサラになるのです。

EPAには、血液の粘度を減らして血液を流れやすくしたり、
血小板が血管内で固まるのを防ぐ作用があります。
さらに、中性脂肪の血中濃度を下げる働きがあるといわれています。
それによって、心臓や循環器系統の病気のリスクを減らす効果が期待できます。

これらDHA やEPAがもたらす作用によって血中の中性脂肪やコレステロールを下げ、
血液がスムーズに流れるようにするというのが
オメガ3脂肪酸がもたらす血液サラサラ効果になります

≪ダイエットとアンチエイジング≫

女性の人はこの話題が一番興味があるかと思います、026812
オメガ3脂肪酸に含まれるDHAやEPAといった成分には、
血中の中性脂肪やコレステロールを減少させ、
血液をサラサラにする効果があるのですが。
実はこの働きが、ダイエット効果を高めてくれるのです。

血液がサラサラの状態ってことは、全身の血行が良い状態です。
血行がよくなるということは、基礎代謝が上がり、
体内の脂肪をエネルギーとして燃焼させようとする働きが促進される状態です。

ダイエットの基本は基礎代謝を上げるごと、
それをオメガ3脂肪酸がやってくれるわけですね。
だからと言って好きなだけ食事をしても痩るって事にはなりません
適度な運動と適切な食事を組み合わせることで、
大きな効果を生み出してくれます。

お肌の衰え、シミやシワの原因は老化です
老化の原因は、酸化と活性酸素です
オメガ3脂肪酸に含まれるDHA、EPAには抗酸化作用がありますので
オメガ3脂肪酸には老化を止める働きがあると言う事です
肌荒れやシワなどの皮膚の乾燥によって起こる肌トラブルは、
血液の汚れが原因といわれていますので、
血液をサラサラにしてくれるオメガ3脂肪酸には、
肌のくすみ・吹き出物の予防といった美肌効果も期待できます

≪頭が良くなる・ぼけ防止≫

オイルを食べて頭が良くなったらいいですよね~~iwashi

マグロの目玉に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)をとると頭が良くなると
聞いたことがありませんか
そのDHA(ドコサヘキサエン酸)がオメガ3脂肪酸にも含まれています。

DHAが体内に取り込まれ、脳に到達すると、
ニューロンやシナプスなどの神経細胞を柔軟にするという働きをします。
そうすると、神経伝達物質の往来も活性化されることになり、
さらには情報伝達ネットワークが強化され、
記憶力や学習能力が高まるというしくみになっています。
こんな研究データがあります、
脳内には常にオメガ3脂肪酸が20%以上必要で、
それ以下になってしまうと、神経細胞が正常に作動しなくなり、
その結果、頭の回転が悪くなるということが言われています。
しかも、脳内にオメガ3脂肪酸が不足した状態になると、神経伝達に障害をきたし、
アルツハイマーや認知症といった深刻な病気をもたらす可能性もあると言われています。

アンチエイジングで老化を止める効果があると書きましたが、それは脳細胞にも当てはまる事です
以上の事からオメガ3脂肪酸の重要性が解っていただけたかと思います。

油選びのポイント
体に良いとされる油は色々とありますが、きちんとした製造法と管理が出来ていない油は、百害あって一利なしです、油選びのポイントは高温圧搾をしていない、溶剤などの薬品を使わない、遺伝子作物を使っていないなどが挙げられます。
植物性の油は酸化が早いので、保存も生物を扱うように冷蔵庫や冷暗所に保管し早めに食べきるのがベストです

126_158_26_233

 

126_158_26_233a

 

 

 

sdadad

最後まで読んでいただきありがとうございます
あなたの応援クリックがこのブログの原動力になってます!!

このブログの今日の順位は?

コメントを残す