牛乳は危険です!病気の牛の血液を子供に飲ますのはやめましょう!!

前回の記事で人間には牛乳を消化する酵素を持ち合わせいないと書きました、
基本的には人間には必要の無い飲み物なのは間違いないのですが
もし、嗜好品としてたまに楽しむなら次の点に注意して
本物の牛乳を見つけましょう。

 

 

牛乳は牛の血液です!!

牛乳パックには草原で草を食べる牛の姿が描かれていたりしますね、
大草原で牛達はのんびり暮らし、好きな時に牧草をたべ、好きな時に寝る
たぶん子供達や皆さんのイメージもそうあることでしょう。bc5ca3f1
安心で安全なイメージを植え付け学校でも毎日でます、
健康に良いと信じて何の疑いを持つこともなく飲んでます。

でもそんな牛は、ほぼ存在しません。

改めて言うのもなんですが母乳はお母さんの血液です
牛乳は牛の血液です
そして、血液は食べた物から作られます
こんな話しを聞いたことがないですか?
授乳中のお母さんがコーヒーを飲むと
そのお乳を飲んだ赤ちゃんのオシッコがコーヒーくさかったと言う話し、
それぐらいお乳には食べた物がダイレクトに影響してきます。
牛乳は牛の血液ですから
牛がどんな物を食べているかで牛乳(血液)の質もかわってきます

牛の本来の食べ物

牛は胃袋が4つある反芻動物です
草から必要な栄養素を取り入れることが出来るのです
だから、草さえあれば本来はなにも要らないのです。
でも牛達が食べさせられているのは穀物主体のエサです。
牛は、穀物を与えると、好んでよく食べます、
草と穀物のどっちを食べるとなったら、穀物をひたすら食べてしまうでしょう。
何故なら、穀物の方が圧倒的に糖質が多いので美味しく感じ
そして、依存性があるからです。
(これは、現代人の食生活にも当てはまります、
現代人の食生活は穀物(炭水化物)に依存した食生活になっています、
そのために肥満が蔓延し、穀物をやめることすらできなくなっている)

しかし、牛にひたすら穀物を与えると、病気になり死んでしまいます
牛には草などの粗飼料が必要不可欠なのです、
だから、近代酪農では、穀物と粗飼料を一気に混ぜ合わせたものを
混ぜエサとして与えるのが一般的になっています。

草を断裁して牛が消化しやすい長さにし
栄養バランスや乳質アップなどを考え、
飼料の種類や量を徹底的に計算し配合しているのです。
混ぜ合わせるときも、水分調節や草の繊維質を
損なわないような混ぜ方にするなどに配慮しながらエサ作りをします。
穀物を与えるということは、それだけ牛の体に負担がかかってしまうことなんです。
牛にこんなリスクを負わしながらも、たくさんの乳を搾り出すために穀物を与え続けます。

これだけでも十分不健康な牛のお乳(血液)なんですが、
更に、その穀物などのエサが何処から来て、
どんな品質で、どんな処理がなされた飼料なのか、

牛の餌は輸入品

自給率の低い日本は飼料の大半はmilkbottle-350x350
輸入品に頼らないとやっていけません、
草も穀物も海を渡ってこの日本に届けられています。

輸入品のなにが悪いのか?

これらの飼料に使われる穀物はもちろんながら
有機栽培なわけはありません
農薬をたっぷり使った作物です、
さらに、輸送中にカビや虫がつかないように
農薬や防カビ剤などが散布されています、
これは収穫した後、輸送する前に散布する農薬です
ポストハーベストと呼ばれるものです。
(このポストハーベストはスーパーに売られてる外国産のフルーツなどにもかかっています)
この飼料をそのまま与えますので
残留農薬どころの騒ぎではないのがわかっていただけるでしょうか。

遺伝子組換え作物

現在、日本は大豆やトウモロコシなどの穀物飼料の8割は
アメリカからの輸入にたよっています。
そして、アメリカの大豆生産の93%
トウモロコシの86%が遺伝子組み換えです、
このことからも、牛達の飼料は遺伝子組換え作物であるのは間違いないでしょう。
遺伝子組換え作物の危険性に関しては、賛否がありますが、
危険である研究結果もありますし、ラットによる実験結果もあります、
一般にそんな情報は出回ってませんがネットでいくらでもあります
その裏には大きな利権がからんでいます。

今回のまとめ
牛達は、このように遺伝子組換えされた作物に、たくさんの農薬や殺虫剤などの化学薬品をかけられ、更に、牛が病気にならないように抗生剤などを混ぜ合わせた飼料を食べて育っています。
牛乳は牛の血液ですから食べた物がダイレクトに影響してきます、牛がどんな物を食べているかで牛乳(血液)の質もかわってきます。
牛乳の代用品と、安全な牛乳についてまとめましたので参考にして下さい
ee

eee

 

sdadad

最後まで読んでいただきありがとうございます
あなたの応援クリックがこのブログの原動力になってます!!

このブログの今日の順位は?

コメントを残す