骨粗鬆症の原因は牛乳だった!カルシウム摂取はゴマなどの食品からとろう

カルシウム摂取には牛乳を?
牛乳が骨を強くする?
栄養満点だから飲もう?
未だにそんな事を言っている人がいます
そして小学校でも毎日飲ましています
子供の健康を守るために牛の事をしかっり知りましょう

牛乳(牛の血)を消化する酵素を持ち合わせていない

牛乳(牛の血)には乳糖が含まれているのだがanimal_20
この乳糖(ラクトース)を分解するには
ラクターゼという酵素が必要です
基本的に日本人は大人になると
この酵素をつくることのできなのです。
日本人に限らず、一部の人種を除いては
牛乳を消化する酵素を持ち合わせていません

そもそも、大人になれば牛でさえ飲まない牛乳(牛の血)を、
成人した人間が飲む必要は無いし、不自然な事です。
牛乳(牛の血)は完全栄養食品などと言う人がいるが、
あくまでそれは牛の赤ちゃんにとっての話であって
人間には当てはまるはずがありません。

骨を弱くし骨粗鬆症の原因になる

そもそも牛乳(血液)は人間には消化吸収できないものなのだが、
仮に、消化できたとしても
骨を作るためには、カルシウムだけでなくマグネシウムやpictogram569milk
リンなどのミネラルも同時に摂る必要があります
とくにマグネシウムはカルシウムに対して
二分の一の量を摂るのが理想なのだが、
牛乳にはマグネシウム量ががカルシウムの
十分の一くらいしか含まれていません。

「カルシウムが強い骨を作る」といわれていますが
実際には、骨はリン酸カルシウムとリン酸マグネシウム、
そしてタンパク質が結合してアパタイトという組織を作り
それが骨を強靭なものにしています。
さらに、これらの材料だけでは骨を作ることができず、
亜鉛やマンガン、ホウ素、ビタミンB6やC、Kなどの
ビタミンとミネラルが酵素として骨を作る働きをします。

そして、牛乳に含まれるリンとタンパク質は
血液を酸性に傾け、カルシウムを失わせます。
そのせいもあって牛乳を飲む子どもほど骨折率が高かったり、
牛乳を飲むお年寄りに骨粗鬆症の発生率が高くなっていたりするのです。
牛乳をたくさん消費する国ランキングと
骨粗鬆症の多い国が比例するのは単なる偶然ではありません。

食事からとりましょう

カルシウムを多く含む食品はご存知の通り
魚が圧倒的に多いです、特に丸ごと食べれる子魚です
じゃこ、ししゃも、丸干し、エビ、わかさぎ、きびなご、など・・・
(海産物は放射能の事を考えて出来るだけ日本海物を選んだ方が良いです)
次に、小松菜やほうれん草などの葉物系野菜にも多く含まれています。
ひじきやワカメなどの海藻類、ゴマにも多く含まれます。

今回のまとめ
牛乳が栄養満点な食品と言うのは、赤ちゃん牛に限って言える事です、人間にとっては本来要らないものであり、健康を害す危険性があります、嗜好品としてたまに楽しむならまだしも、体に良いと毎日飲むと骨を弱くするなど色々と問題が生じます。カルシウム摂取は毎日に食事からしっかりとれば問題ないでしょう、特にゴマはカルシウムが多く手軽に食べれるので便利です
牛乳の代用品と、安全な牛乳についてまとめましたので参考にして下さい
ee

eee

 

sdadad

最後まで読んでいただきありがとうございます
あなたの応援クリックがこのブログの原動力になってます!!

このブログの今日の順位は?

コメントを残す