花粉症(全てのアレルギー)の根本的な原因!治したい人は必見!!

花粉症のメカニズム『根本原因』

一年中何らかの花粉がまい、大陸からはPM2.5が飛来しアレルギー性鼻炎の人も年々増え、大変な時代です。私も花粉症ですが、根本的な原因を知ってからは、劇的に症状が良くなりました、モチロン薬は使いません!原因を取り除けば自ずと解決します。病気の根本的に治すには、原因を知る事がとても大切です。
free-illustraion-hay-fever-tn

 

 

花粉症ってなに?

花粉症とは?「季節性アレルギー性鼻炎」とも呼ばれ、スギやヒノキなどの植物の花粉(アレルゲン)によって引き起こされる、鼻みず・くしゃみ・鼻づまり、 目の充血やかゆみ、流涙などの症状を起こす、アレルギー性の病気です。 ここにあるようにアレルギーなので、喘息やアトピーなどと同じ自己免疫疾患になります。

 

 

花粉が原因??

kafunsyo花粉症は花粉が体内に入る事によって、症状があらわれます、では花粉が原因なのでしょうか??答えはNOです、花粉がきっかけで鼻水や、くしゃみなどの症状が現れますが、花粉はあくまでも、きっかけ(要因)であって原因ではないのです。だから、花粉を防いだり逃れようとしても、なんの問題解決にもならないのです。

 

 

花粉症はアレルギー(自己免疫疾患)
花粉症をはじめ、アトピーや喘息などは全てアレルギー(自己免疫疾患)になります。自己免疫疾患とは、もともと人間に備わっている免疫機能が過剰に反応している状態です。体内に異物が進入すると排泄をする機能が人間には備わっていますが、本来は異物ではない、卵や牛乳などの食品や、花粉、動物の毛、ホコリなどにも反応してしまい、皮膚発疹、痰、鼻水、目ヤニなどの排泄が過剰になっている状態です。

 

花粉症(アレルギー)の根本原因は?

c5cyounaiアレルギー(自己免疫疾患)の原因として、ストレス、免疫力の低下、低体温などと色々と言われていますが、根本的なところは腸内環境の悪化にあります。腸内環境の悪化は、アレルギー(自己免疫疾患)だけに限らず、インフルエンザやノロなどウイルス系の病気にも罹りやすくなり免疫力の低下を招きます。腸はそれほど大切な臓器で、腸内環境を改善すればアレルギーの9割は治るとまで言われています。

 

 

腸内環境の悪化すると

腸は私達が食べた食べ物を、きちんと消化し栄養分にしてから血液にのせ全身に送ります。腸内環境が悪化すると、未消化のままのタンパク質が腸内から漏れだし、血流にのって全身を巡ることになります。未消化のタンパク質は体にとっては異物になります。この異物が血流にのり全身にまわってしまうと、体はその未消化のタンパク質を異物と判断し、排泄しようとします(コレが自己免疫力)。このように血管内に異物がある状態だと、免疫が常に働いている状態になり、花粉やホコリなど、本来は体にとって害のないものにまで過剰に反応してしまい、くしゃみや鼻水などの症状として現れます。この状態が自己免疫疾患(アレルギー)になります。

 

 
腸内環境を改善!!

aaab5291a8fdce019bbd461d9a48efaa花粉症やアトピー、喘息などのアレルギーは、腸内環境が悪化し、腸の機能低下が原因になっています、そのため、腸内細菌を元気にして腸内環境を整えれば、アレルギーは自然と治っていくと考えられます。毎日の食事から酵素を含む発酵食品をしっかり食べ、体質を改善する事が、アレルギーを根本的に治す方法になります、そして発酵食品を食事からとれない時は、酵素サプリなどを活用すると便利ですし、更に効果が期待できます。腸内環境を改善するには、少し時間がかかりますが、アレルギーを根本的に治すにはコレが一番の近道だと思います。

 

⇒関連記事『酵素サプリの体験談”花粉症が良くなった!』

⇒関連記事『お勧め酵素サプリの比較ページ』

 

 

コメントを残す