花粉症を完治させる!腸内環境を整えればアレルギーは治ります!

花粉症(アレルギー)を治す!!

前回の記事で花粉症をはじめ、その他のアレルギーの根本的な原因は、腸内環境の悪化だと書きましたが、では実際に花粉症を治すにはどうすればいいのか?今回は、腸内環境を悪化させる原因から、腸内環境の整え方まで、まとめていきたいと思います。
⇒記事『花粉症の根本原因』

 

 

 

腸内環境を悪化させる原因

睡眠不足やストレスなど、精神的な面でも腸内環境は悪化すると言われていますが、やはり一番気をつけないといけないのが食べ物になります。その中でも極力避けるべき食品をピックアップしたいと思います、これらの食品を避けるだけでも腸内環境はかなり改善すると思います。

 

 

・小麦製品
food_flour_komugiko小麦が腸内環境を悪化させる??と思うかもしれませんが、小麦に含まれるグルテンなどが、ひき起こす健康被害は最近注目されています。小麦は全粒粉やオーガニックであっても、腸粘膜をボロボロにしてしまいます⇒詳しくこちらの記事を参考にして下さい
うどん、ピザ、パン、お好み焼き、パスタ、ケーキ、ラーメンなど、今の日本は小麦が蔓延しています、日本人にアレルギーの人が多いのもうなづけます。小麦製品を生活の中から排除するのは、大変な事ですが、小麦断ちをするとアレルギー症状が改善されるのを顕著に感じられます。

 
・砂糖などの甘味料
sweets_shortcake白砂糖はモチロンですが、甜菜糖、黒砂糖、はちみつ、メープルシロップなど、全ての甘味料になります。腸内細菌は悪玉菌と善玉菌が絶妙なバランスで腸内環境を整えています。糖は細菌の餌になり、特に悪玉菌の餌になるために、糖質をとると悪玉菌が増え、腸内細菌のバランスが崩れてしまい、腸内環境の悪化に繋がります。

 

 

 

・アルコール
お酒と聞けば、肝臓に負担がかかるものと思いがちですが、実は胃や腸にかかる負担も大変多くあります、アルコールは胃や腸粘膜を傷つけてしまうので、飲み過ぎには注意しましょう。

 

 

・コーヒーなどのカフェイン
cafekinsiカフェインは腸の活動を活発にする働きがあると言われていますが、あくまでたまに飲むならの話しです、カフェインには利尿作用があったり薬効成分も確かにあるのですが、そう言った薬効成分のあるものは刺激がきついので、毎日飲んだりするのはお勧めしません。コーヒーをどうしてもやめれない人は、カフェインレスのコーヒーなどもありますので、そういった物も利用すると良いと思います。

 

 

・抗生物質など薬全般
11239抗生物質はズバリ細菌を殺すための薬です、ばい菌と呼ばれている菌だけを、ピンポイントで殺す薬など存在しません、抗生物質を服用する事で、体に必要な腸内細菌まで殺してしまい、腸内細菌のバランスが乱れてしまいます。これは抗生物質に限らず、全ての薬にいえる事です。

 

 

・食品添加物全般&残留農薬
今スーパなどで売られている食品のほぼ全てに、食品添加物が使われています、そして野菜は、農薬が使われ、海外からのフルーツなどは収穫してからも、フルーツに直接薬品をふりかけます。このような化学物質は腸内細菌を殺してしまう原因になりますし、胃や腸粘膜を傷つけることに繋がります。
 

すぐに実感できます
腸内環境を悪化させる食品をやめるのと同時に、毎日の食事から、意識して発酵食品を食べる事で腸内環境はかなり改善します、毎日の食事からきちんと生野菜や発酵食品などをきちんと食べれていれば問題ないのですが、ちょっとそこまで気をつかう時間かない人は、酵素系のサプリなどを利用するのも一つの手段ですし、食事プラスαで酵素サプリを使うと更に効果が期待できます。

⇒関連記事『おすすめ酵素サプリの比較ページ』

⇒関連記事『酵素サプリの体験談”花粉症が良くなった!』

コメントを残す