花粉症を治すには腸内環境(腸内フローラ)の改善は絶対必要!!

腸内環境を改善して花粉症を治す!!

花粉症をはじめアレルギー症状を治すのは、腸内環境の悪化する食品を避け、そして腸内細菌が元気になる食生活に目をむける事です、前回は腸内環境を悪化させる原因について書きましたが、今回は腸内細菌を元気にし、腸内環境(腸内フローラ)を整える食生活について、まとめていきたいと思います。

⇒記事『腸内環境を悪化させる原因』

 

 

腸内細菌を元気にする!!

今いる腸内細菌を元気にするには、砂糖、小麦、アルコール、薬などの腸内細菌に良くないものをやめ、腸内細菌のエサになる、食物繊維をしっかりと食べる事です。

 

食物繊維の多い食品
【穀類】
玄米、麦類、麦芽米、オートミール、トウモロコシ、日本そば
【芋類】
さつま芋、ジャガイモ、山芋、里芋
【豆類】
大豆、グリーンピース、小豆、納豆、おから
【海草類】
ひじき、わかめ、昆布、海苔、寒天
【キノコ類】
椎茸、エノキダケ、なめこ、しめじ
【野菜類】
ごぼう、レンコン、かぼちゃ、人参、大根、タケノコ、パセリ、インゲン、オクラ、
ほうれん草、アシタバ、ブロッコリー、モロヘイヤ、かんぴょう
【果実類】
バナナ、リンゴ、ミカン、イチゴ、すいか、キウイ、アンズ、いちじく
【種実類】
アーモンド、ごま、カシューナッツ、ピスタチオ、落花生

04

腸内細菌を増やす!!

腸内環境を整えるには、今いる腸内細菌を元気するのと同時に、腸内細菌を更に増やす事をして行く事が大切です。良く言われるのがヨーグルトですが、私はあまりお勧めしません、何故ならヨーグルトは本来、日本の食べ物ではないので日本人は合わないように思います、たまに食べるならいいと思いますが、毎日食べるのは良くないと思います。日本人なら、日本に昔からある発酵食品を食べるようにしましょう。

 

 

日本の発酵食品の一例
味噌、醤油、漬物、みりん、酢、塩辛、塩麹、魚醤、かつお節、鮒ずし、へしこ、とうふよう、甘酒、日本酒などで、その他にも地域ならではの発酵食品も多数あります。

 

海外の発酵食品の一例
キムチ、アンチョビ、チーズ、ヨーグルト、ワイン、サラミ、生ハム、ナンプラー、ピクルス、サワークラフト、メンマ、コチュジャン、豆板醤、ワインビネガー、テンペ、マッコリ、など

AS20150426000201_comm

 

毎日の食事から、意識して発酵食品を食べる事で腸内環境はかなり改善します、仕事や育児などで忙しく、食事に費やす時間が少ない人は酵素系のサプリなどを併用するのも一つの手段ですし、食事プラスαで酵素サプリを使うと更に効果が期待できます。

 

住みつかない?!
私達の腸に住みついている腸内細菌は、母親の産道を通って生まれてくる時に、母親の細菌を貰って生まれてきます、その腸内細菌が自分のお腹の中に住みついて、健康維持のために頑張ってくれています。しかし、食事などから摂取した乳酸菌は、体内に住みつかないと言われています。
なら食べても意味が無い??
そんな事はありません、住みつきはしませんが、その時々で消化の役にたち、今いる腸内細菌を助ける役割を果たします、そのために食事で摂取する乳酸菌は、とり続けないといけないので、毎日の食事で食べる必要があるわけです。

⇒関連記事『おすすめ酵素サプリの比較ページ』

⇒関連記事『酵素サプリの体験談”花粉症が良くなった』

コメントを残す