レメディーでデトックス(毒だし)!体内の水銀を簡単に排泄する方法!!

 

ホメオパシーと水銀

工業汚染が原因の水俣病でも有名な水銀の問題について考えてみたいと思います。水銀は青酸カリなどとならぶ毒薬に指定されているほど危険な物質です。

 

24236_p1

 

水銀が体内に入ってくるルートは色々あり、今の時代を生きて行く以上この水銀を体内に取り入れず生きて行く事は不可能のような気がします。

 

水銀が体内に入るルート

 
水銀は次のようなルートから体内に入ると考えられます

 

 

 

≪食品≫
水質汚染などの原因で魚から体内に入ります。以前マグロなどの大型魚などと言われてましたが、今はサバや金目鯛などの中型魚からも水銀が検出されています。

mercury2

 

 

 

 

≪歯の詰め物≫
最近では使わなくなったアマルガムですが、昔は当たり前に使っていました、アマルガムには水銀が含まれています、そのアマルガムが口の中にずっとあるのですから、間違いなく溶け出ています、黒いセメントのような詰め物がある人は歯医者に相談したほうが良いと思います。

amalgam_29

 

 

 

 

 

≪予防接種≫
ワクチンの防腐剤として、全てではないですが入っています以前はインフルエンザワクチンにも入っていました。気になる人は詳しく調べてみて下さい、ちなみに私の子供には予防接種は一切してません。

023

 

 

 

 

 

≪大気汚染≫
大陸からの浮遊物のPM2.5の中にかなりの濃度で含まれているそうです。これは避けるのは不可能ですね。
Fumes2020160516

 

 

 

≪その他≫
制汗剤、殺菌剤、殺虫剤などにも含まれている物があります。

 

 

 

これだけ色々な経路から体内に入ってくる事を考えると、それらす全てを避け切る事は不可能に近い物があります、そこで大切になるのが日々のデトックス(毒だし)になってきます

 

 

 

 

 

水銀の毒だし方法

 

 

水銀など重金属の毒出しには玄米が有効なのは有名な話ですね、それと水銀の毒出しには玉ねぎの皮に含まれる成分が凄く効果があるのです。

玉ねぎの皮?って思われる人もたくさんいるかと思いますが、コレがまた凄いんですよ。玉ねぎの皮の効果については別記事に詳しくまとめていますのでそちらを参考にして下さい。

⇒関連記事『玉ねぎの皮の効果が凄い!!』

 

tamatama

 

⇒玉ねぎの皮を簡単に摂れるアイテムはコレ!!

 

 

 

水銀の対処にはとり入れない努力と、毎日の食事などを使ってデトックスをする事が大切になってきます。ホメオパシーのレメディーを使う場合は水銀を希釈浸透したレメディー『Mercマーキュリアス』を使います。

 

e389934h_l

 

 

レメディーは粒と液体の2種類があるのですが何週間も長い間摂る場合は液体のレメディーがお勧めです、これは液体のレメディーの場合、摂るたびに瓶を叩いて浸透させますその事によりポーテンシーが少しずつ上がっていきます、そうする事で体に耐性ができないようにできるからです。

 

e329148h_l

 

液体のレメディーの摂り方は、コップに水をいれレメディーを5滴ほどたらして少しづつ飲みます、水筒などにこのレメディー水を作り持ち歩いて飲むのも良いと思います。

 

mtalpo

 

我が家では水銀、アルミ、鉛、カドミウムなど色々な重金属の毒出しを定期的にして健康てにしています。

 

⇒液体レメディー『Mercマーキュリー』の販売店