しっかり食べましょう!脂質(油)とコレステロールの嘘?本当?これで解決

油の役割

人間が生きてゆくうえで絶対的に必要な栄養素の一つに油があります、何かと油は悪者扱いされていますが実際どうなんでしょう?

10396034373804826218

このページでは油やコレステロールの役割や危険性についてなどをまとめていきたいと思います。

油の役割

 

『’細胞の原料』
ご存知の通り人間は一つ一つの細胞の集合体ですその細胞を形成するのに脂質(油)が使われます脂質がないと細胞は形を維持できませんのでどれだけ脂質(油)が体にとって大事な栄養素がかわかると思います。

periodontosis03

 

『エネルギー源』
人の臓器の中でも一番大切な臓器は心臓ですよねその臓器を動かすエネルギー源が脂質なのですモチロンその他の臓器やあらゆる場所で脂質がエネルギーとして使われています油が不足するとそれらの臓器は活動が出来ませんので一大事です

 

 

 

『脂質(油)を摂ると太る?』
油(脂質)のとり過ぎは動脈硬化や心筋梗塞、ダイエットの天敵など言われていますが、嘘です!!脂質(油)だけ単体で食事からとった場合、いくら食べても体に支障をきたす事はありません、なぜなら人間には脂質が過剰に体内に入って来ても、吸収せずにそのまま排泄をするストッパーのような機能が備わっているので、脂質(油)いくら食べて太ったり病気になったりする心配はありません。
8234549
しかし、糖質と脂質を同時に食べた場合はそのストッパーが機能せずに、どんどん体内に蓄積して行きます(皮下&内脂肪)これが油が悪者にされる仕組みですが、原因は糖質であって脂質ではありません、さっきも書きましたが、脂質は人間が生きてくうえで絶対必要な栄養素です、しっかりと質の良い油を補給しましょう

 

 

逆に脂質(油)が不足すると次のような問題が起こる可能性があります

・肌がカサカサ
・髪の艶が無くなり
・運動能力の低下
・慢性疲労
・視力の低下
・便秘
・冷え性
・生理不順
・記憶力の低下
・集中力が続かない

このようなサインがでたら油不足が原因かもしれませんしっかりと脂質(油)を補給しましょう。

 

 

コレステロールの役割

油を簡単に分類すると飽和脂肪酸『主に動物性の脂』と不飽和脂肪酸『主に植物性の脂』があります、

koresute002

 

この飽和脂肪酸(お肉の脂肪)などを食べると、体内にコレステロールが溜まり血液がドロドロになり、心筋梗塞や動脈硬化などの原因になってると言われていますが実際はどうなのか詳しく説明して行きます。

 

 

 

『コレステロールの役目』
コレステロールは生体のあらゆる細胞膜を作るときの必須の物質であり脳脂質の1/4がコレステロールで出来ています。そして体内で生成される成長ホルモンやステロイドホルモンなど原料にもなっています。

 

stress_img_05
それらのホルモンの生成が減ると免疫機能が低下したり成長不良ホルモンの乱れは美容やお肌の問題にもつながります。そんな意味でもコレステロールは人体には必要不可欠な物質の一つになります。

 

 

 

『コレステロールは調節される』
コレステロールが高い食品(動物性の脂)を食べるとコレステロール値が上がると言われていますがその情報自体が間違いです。

 

コレステロールは体内(肝臓)で生成されます、そして食事からコレステロールをたくさんとった場合は肝臓での生成を量を減らし、逆に食事からコレステロールを取らなかったら肝臓で生成する量を増やして常に一定量にコントロールする機能が備わっています。

 

6144ef92

 

検査の前日にコレステロールが高い食品をたくさん食べると体内での調整が間に合わずに高コレステロールの結果が出ますがその後体内で調整されるので心配は無いです。

 

 

 

『コレステロールは高い方が良い!!』

実はコレステロール値は高い方が長生きできる研究結果が出ています。下記のグラフのように茨城県で40~79歳の男女計9万人以上を約10年追跡調査した研究で、LDLコレステロール値80mg未満の人の死亡リスクを1とした場合120~139mg/デシリットルの人の死亡リスクは男女ともに0.7程度と低くなったのです。

ほかにも、LDLコレステロール値が高い人ほど肺炎やインフルエンザ、各種のがんなどにかかりにくいとのデータもあります。
BK2_140930_01

 

 

『なぜ??』

コレステロールの基準値を出しているのは日本動脈硬化学会です、これによると「コレステロールは低ければ低いほど良い」って事なんですね、私が今まで書いた記事と逆の事を言っていますがそれは何故なんでしょう。

例えば高コレステロールの基準値が10下がると高コレステロール患者が爆発的に増えますよねそうするとコレステロール低下剤の売り上げは年間で数百億からかわってきます。残念ながら製薬会社と病院の癒着は当たり前のようにあります決して国民の健康を守るための基準ではないと言う事を理解しておいて下さい。

 

 

imgrc0064561157

脂は大切です

 

脂質(油)も、コレステロール(肉の油になど)も人間には絶対必要で、しかもとっても大切なエネルギーです、しっかりと食品から取り入れて行きましょう。

 

food_sald_oil

 

ただ一つ言うとラーメンのように 油と糖質の組み合わせが肥満などの原因になっているので気をつけましょう、そして、油もコレステロールも必要不可欠な食品ですが質がとっても大事で、特に酸化した油は体に悪影響を及ぼしますので注意してください。

⇒関連記事『正しい油の選び方』

 

 

 

sdadad

最後まで読んでいただきありがとうございます
あなたの応援クリックがこのブログの原動力になってます!!

このブログの今日の順位は?